このブログについて(おすすめ記事リスト)

 

 

二次元のことについてあれこれ書いています

Twitter@pyonkospica

 

記事が山のように増えてきたのでよく読まれている記事にリンクをはりました

 

 

ヒプノシスマイク考察

三度の飯より考察が好き


君の名は 毒島メイソン理鶯考察 - pyonkospicaの日記

 


わたしを離さないで 飴村乱数考察 - pyonkospicaの日記

 


愛はさだめ、さだめは死 飴村乱数考察その2 - pyonkospicaの日記

 


ナゴヤディビジョンについて思うこと 十四くんと天国獄と神宮寺寂雷について - pyonkospicaの日記

 


東方天帝統の読み方について考察 - pyonkospicaの日記

 


おれがあいつであいつがおれで 夢野幻太郎考察 - pyonkospicaの日記

 

]
碧棺左馬刻と木村拓哉 - pyonkospicaの日記

 


ヒプノシスマイク「Stella」を考察する - pyonkospicaの日記

 


観音坂独歩とは誰なのか 社畜の可能性について - pyonkospicaの日記

 


健康優良不良警官 入間銃兎考察 - pyonkospicaの日記

 


完甘と神宮寺寂雷は何科の医師なのか - pyonkospicaの日記

 


煙か土か食い物 天谷奴零考察(という名の願望) - pyonkospicaの日記

 


失楽園 天谷奴零考察またはヒプノシスマイク考察 - pyonkospicaの日記

 


天の光はすべて星 躑躅森盧笙について - pyonkospicaの日記

 

 

 


山田一郎と鯖の味噌煮にまつわるエトセトラ - pyonkospicaの日記

 


ヒプノシスマイクと家族についての一考察(オオサカ・ナゴヤコミカライズ感想) - pyonkospicaの日記

 


漫才コンビ「どついたれ本舗」の悲劇(ヒプマイ マガポケコミカライズ感想) - pyonkospicaの日記

 


山田一郎のお父さんとお母さんについての仮説(ヒプノシスマイク生命倫理編) - pyonkospicaの日記

 


ボーイミーツボーイからボーイミーツガールへ 山田一郎と碧棺合歓(少年マガジンエッジ ヒプノシスマイク -Before The Battle- The Dirty Dawg 感想) - pyonkospicaの日記

 


時計の国の躑躅森盧笙 坊城梧桐と天谷奴零(オオサカとナゴヤのヒプノシススピーカー感想) - pyonkospicaの日記

 


まだ始まっていないヒプマイのセカンドバトルについて - pyonkospicaの日記

 


東方天乙統女の憂鬱(少年マガジンエッジ ヒプノシスマイク -Before The Battle- The Dirty Dawg 感想) - pyonkospicaの日記

 


春にして君を離れ 東方天乙統女考察 - pyonkospicaの日記

 


ヒプノシスマイクの小さな考察まとめ - pyonkospicaの日記

 


ヒプマイの登場人物の名前に法則を見つけたよ - pyonkospicaの日記

 


公式が今後どう扱うのか気になるヒプマイの設定ベスト10 - pyonkospicaの日記

 

 

 

ヒプマイの楽曲についての感想


ヒプノシスマイクの曲を好きな順に並べて感想を書く(随時更新) - pyonkospicaの日記

 


ヒプノシスマイク-Alternative Rap Battle-感想 涙目のクランケの正体 - pyonkospicaの日記

 


どついたれ本舗のアルバム「あゝオオサカdreamin´night」感想 - pyonkospicaの日記

 


Bad Ass Templeのアルバム「Bad Ass Temple Funky Sounds」感想 - pyonkospicaの日記

 


ヒプマイイケブクロディビジョンBuster Bros!!!のアルバム「-Before The 2nd D.R.B-」感想 - pyonkospicaの日記

 


ヒプマイヨコハマディビジョンMAD TRIGGER CREWのアルバム「-Before The 2nd D.R.B-」感想 - pyonkospicaの日記

 


ヒプマイシブヤディビジョンFling Posseのアルバム「-Before The 2nd D.R.B-」感想 - pyonkospicaの日記

 


ヒプマイシンジュクディビジョン麻天狼のアルバム「-Before The 2nd D.R.B-」感想 - pyonkospicaの日記

 


ヒプマイのガイドブック初回限定版感想 - pyonkospicaの日記

 

ヒプマイARBについて

ガチャ爆死街道

 


ものぐさ精神直結カスタマイズ分析 ヒプマイARB攻略 - pyonkospicaの日記

 


ヒプマイARB雑感と「RIO’sキッチンエミュー捕獲王決定戦」感想 - pyonkospicaの日記

 


ヒプマイARB「ヒプマイクエスト前編 ログインし者たち」感想 - pyonkospicaの日記

 


ヒプマイARB「フローイン・ヘア・ダラーの追跡〜全ては豚に繋がる〜」感想 左馬刻昆虫記 - pyonkospicaの日記

 


ヒプマイARB 毒島メイソン理鶯 Happy Birthday Gコレクト2020顛末記 - pyonkospicaの日記

 


ヒプマイARB「成敗!東都スカイハイタワー活劇」感想とヒプマイARBというゲームについて - pyonkospicaの日記

 


ヒプマイARB 「Search for アキハバラ~消えたメイドとその行方~」感想 左馬刻昆虫記2 - pyonkospicaの日記

 


ヒプマイARBイベント「ビビッと! ビビッド★インスピレーション!」感想と【ネタバレ注意】誕生日ボイス一覧 - pyonkospicaの日記

 


ヒプマイARBイベント「恥すて弾けろハロウィンナイト! ~一触即発!シブヤスクランブル~ 感想 - pyonkospicaの日記

 


ヒプマイARBイベント「Break into!」感想 - pyonkospicaの日記

 

 

ヒプラジ・ヒプアニ観測


ヒプノシスRADIOを分析したよ(ヒプラジ数値的まとめ) - pyonkospicaの日記

 


毎週更新ヒプアニ感想 - pyonkospicaの日記

 

 

ヒプマイライブレポ

 


ヒプノシスマイク4th Liveのグッズについて考えた - pyonkospicaの日記

 


ヒプノシスマイク4th LIVE 9/7 ライビュレポ - pyonkospicaの日記

 


ヒプノシスマイク4th LIVE 9/8ライブレポ - pyonkospicaの日記

 


ヒプマイ5thライブ妄想 東方天乙統女暗殺(未遂)事件とその犯人について - pyonkospicaの日記

 


#アベマでヒプマイライブの感想(ヒプノシスマイク -D. R. B- 5th LIVE@AbemaTV《SIX SHOTS UNTIL THE DOME》) - pyonkospicaの日記

 

 

 

その他ヒプマイについての記事

パラライもあるよ

 


パラライリュウくんのチカチーロが地下通路になった件について - pyonkospicaの日記

 


ヒプマイとパラライの違いについての一考察 - pyonkospicaの日記

 


カレーメシだよヒプノシスマイク - pyonkospicaの日記

 


ヒプマイもちころりん2を買った感想(その後ちまりんずもやってきた) - pyonkospicaの日記

 


オオサカとナゴヤのヒプマイもちころりんがやってきた - pyonkospicaの日記

 


ヒプマイをMOTHER2風ドット絵にしたよ - pyonkospicaの日記

 


パラライはパラドックスの夢を見るか? - pyonkospicaの日記

 


パラライのキャラクターTwitterアカウント企画(句点のふしぎ) - pyonkospicaの日記

沈黙への供物、虚無への供物 少年マガジンエッジ2022年5月号『ヒプノシスマイク -Before The Battle- Dawn Of Divisions』感想

 

 

 

少年マガジンエッジ2022年5月号はフリングポッセの過去回でした。培養槽から生まれたての無機質無感動な飴村乱数が、いかにして今のヤリチン、じゃなかった。人気者になったのか…という秘密が明かされた。

どうやらキーパーソンは舞城華灯という青年で、読書好きなら名前を見た瞬間にワッと思ったはずなんですがおそらく元ネタが舞城王太郎

 

つまりフリングポッセ、

飴村乱数→飴村行

夢野幻太郎→夢野久作

有栖川帝統→有栖川有栖

舞城華灯→舞城王太郎

と、全員日本のミステリー?作家から名前を借りているわけです。シブヤは文学少女(少年)狙い撃ちですよ。こんなの優勝するに決まってるよおめでとうございます。

前々から舞城王太郎要素はヒプマイに噛んでるんじゃないかと薄々思っており、怪文書をしたためていたのでとても嬉しい。


もしかすると山田兄弟の名前の由来って舞城王太郎なのではという話 - pyonkospicaの日記


サリンジャーから『メフィスト』へ、そして『ヒプノシスマイク』へ - pyonkospicaの日記

 

さて、飴村乱数の過去だけでなく他にも明かされたことがある。それは夢野幻太郎のデビュー作のタイトルで、『沈黙への供物』というのだ。またしても読書好きならワワッとなったのではないだろうか。今回のエッジは読むたびにワッワッとなるので我々はもうちいかわである。

『沈黙への供物』、これはもう元ネタが明らかに『虚無への供物』なんです。『虚無への供物』というのは中井英夫氏が書いたアンチミステリーの金字塔のような小説。

しかし恥ずかしながら未読だった。というわけでさっそく読んでみる…

 

ネタバレになるからざっくりした感想だが

・開始3ページ目で黄色い薔薇をくわえた水商売の青年が出てきて伊弉冉一二三のことを思い出し動悸がした。

黄いろの薔薇は花言葉が良くないのよ

という台詞がでてきて、もちろん一二三とは無関係なはずなのに幻太郎の壮大な嫌味みたいで震える。

・わりと前半でいきなり「存在しているのに存在しなくなった兄弟」(夢野兄…)が鍵となるストーリーとなり緊張する。

・主要人物のひとり、亜利夫は名前の近似性からアリスになぞらえられており、アリスガワとの類似にびびる

・ある水難事故が通奏低音として流れており、もしかしたら波羅夷空却(海が嫌い)のお母さんは海で亡くなったのかもしれないという可能性について考えてしまう

 

と、『虚無への供物』自体はアンチ符号的なスタンスの物語であるが、幸か不幸かヒプマイと符号しまくるということがわかったので皆さんもぜひ読んでみてほしい。

そうそう、エッジの5月号では有栖川帝統のお坊ちゃん時代の姿も一瞬描かれていました。白いブレザーを着て今より短い髪をして黒塗りの車で送迎されるという絵に描いたような箱入り息子だった。

 

そしてうっすらと浮かび上がってきた可能性。

飴村乱数は舞城華灯のまねをしている
夢野幻太郎は夢野兄のまねをしている

ということはシブヤはみんな誰かの真似をしており、オリジナルな姿をまだ見せていないのではないかという可能性。

じゃあ有栖川帝統も誰かのまねをして……
るのかと思いきや、実はもうあれは誰かのまねをやめた後の姿だったらいい。あの宿なし風呂なしモッズコートのギャンブラーこそが有栖川帝統の完成形だったりしたらすごくいい。

自分の生きる人生を愛せ、自分が愛する人生を生きろ

というのは有栖川帝統の座右の銘

自分の人生を愛するために羽化した帝統の後には白いブレザーだけが残され、柔らかい光を放っている

のかもしれない。

 

Fling Posseの冒険と伝説(ヒプノシスマイク 2nd D.R.B 優勝に寄せて)

 

音楽原作キャラクターラッププロジェクト『ヒプノシスマイク』

そのセカンドバトルが先日開催され、優勝したのはシブヤ代表Fling Posseでした。

 

さて、今回シブヤが優勝したらすごいことがおきた。

何がおきたかというと、フリングポッセが工場のオーナーになったのだ。
これまで、名前も来歴も何もかも秘密と嘘で彩られた根無し草のようなフリングポッセ。そんな彼らに「工場」という確固たる居場所と、「オーナー」という立場ができたのだ。会社の名前も変わるそうだ。Fling Posse Inc.と名付けられるらしい。

 

これはすごい。

 

何がそんなにすごいのかというと、彼らの関係に名前が与えられ整備されてしまったのである。乱数はちゃんとゴダイさんに契約書を準備するように言った。つまり飴村乱数・夢野幻太郎・有栖川帝統は工場の持ち主という法的な関係になるのだ。

いつか中王区によるラップバトルが終わりフリングポッセが解散したとしても、彼らの関係は終わらない。なぜなら法律が「彼らは関係がある」と保証しているから。

その関係はいつまでも終わらない、
何十年も先の未来へと続く最強の絆なのだ。

 


いやぁシブヤはえらいものを手に入れたものだ。ラップバトルの優勝というのがキャラクターと物語にこんなにものすごい祝福を与えるのだということが解ってしまったら、第3回バトルはえらいことになるんじゃなかろうか。


あまりによくできた流れすぎて、幸せに臆病なオタクとしてはひょっとしてフリングポッセの物語、飴村乱数と夢野幻太郎と有栖川帝統の冒険はここで終わるのかもしれないと思ってしまった。
乱数と幻太郎と帝統はおじいちゃんになっても工場に通い仲良く遊びましためでたしめでたし…というわけである。

 

じゃあ乱数の飴と命はどうなるのか?という話には、「神宮寺寂雷がどうにかする」という一応のゴールらしきものが今回語られた。

 

幻太郎の兄には何が起こったのか?という話には手がかりが提示されている。
双子、鏡、病院、服をいじられると怒る幻太郎。

これらのピースを組み合わせればなんとなく見えてくるものがあって、数年前にブログで自分なりの答えを書いたけれどいろんな説はあるだろう

おれがあいつであいつがおれで 夢野幻太郎考察 - pyonkospicaの日記

夢野幻太郎という虚実のあわいに生きるキャラクターの、そのキャラクター性を守るために、あえてすべては語らず読者に真実を明かさないスタンスもあり得るのかなぁと思うのだ。

 

実はもう有栖川帝統にあまり謎はない。母との関係も語られている。なぜ有栖川の家を出たのか?という秘密が残っているが、本人が「賭場で生誕略歴は以上」と言っているのでそれ以前の過去は存在しないのかもしれない。

 

 

もちろん彼らの謎と真実が気にならないわけでは決してないし、むしろものすごーく気になる。
しかし長く残る伝説というのは、物語の頂点、一番幸せな部分で終わることも多かったりする。桃太郎しかり。シンデレラしかり。新世紀エヴァンゲリヲンしかり。

 


むかしむかし遙かな未来、シブヤに飴村乱数と夢野幻太郎と有栖川帝統がいました。3人はラップバトルで優勝し、そのお金で工場を買い取りました。乱数と幻太郎と帝統はおじいちゃんになっても工場に通い、末永く仲良く遊びましたとさ。

リズムの合間でまた逢う日まで
めでたしめでたし

 

 

 

 

 

いやしかし、「刹那の友」だったフリングポッセが優勝したら「工場の共同オーナー」という法的拘束力のある関係になり、刹那どころではないガッチガチの絆になったのほんとにほんとによくできた話です。すごいわヒプマイ。

 

 

ヒプノシスマイク2nd D.R.B シブヤ優勝CD『キズアトがキズナになる』感想


f:id:pyonkospica:20220315233248j:image
わりと長かったセカンドバトル(2020年末から丸1年くらいやってたかな?)を経て、第2回ディビジョンラップバトル優勝チームはシブヤFling Posseでしたおめでとうございます!

 

ヒプノシスマイクはすごい。何がすごいかというと、優勝チームは日本のヒップホップのレジェンドから書き下ろし楽曲がもらえるのだ。前回優勝チーム麻天狼はなんとZEEBRA氏から楽曲が提供され、それがまあすばらしく神曲であった。Champion大好き。

そして今回の楽曲提供者はKREVA氏です。KICK THE CAN CREWKREVAですよ。ヒプ追いかけてて本当に良かった…

というわけで2022年3月16日発売の優勝CD『キズアトがキズナになる』の感想です。

 

 

キズアトがキズナになる

まずはKREVA氏提供の楽曲『キズアトがキズナになる』。ポップで可愛らしいトラックのループがとっても聞き心地がよく、さすがKREVA節という感じ。浮遊感のある雰囲気がフリングポッセにぴったりでした

 

UNITED EMCEEZ -Enter the HEXAGON-

リーダー6人が歌うという、ももクロ歌合戦の時以来ありそうでなかった楽曲。6人をヘキサゴン=六角形になぞらえている。

どうでもいい話なんだけど、『SUMMIT OF DIVISIONS』(2020年)のロゴ、中央の部分にすでに六角形=HEXAGONが描かれている。
f:id:pyonkospica:20220316182244j:image

 

一方中王区のロゴも中央に六角形があったり

f:id:pyonkospica:20220316182439j:image

つまりディビジョン側も中王区も六角形なわけです。ヒプマイってヘキサゴン対決なのかなーと思ったり

 

 

六色が交わる時、『』が始まる

ドラマパートその1。びっくりするくらいいろいろなことがおこり、因縁が解決する。バトル後の各ディビジョンの光景が描かれました。

イケブクロは二郎の精神的成長がエグい。完全に三郎をコントロールしているし、下手したら精神面で一郎に並んだかもしれない。

次は根性を努力で鍛えて勝利!その具体的方法は頭のいい三郎にまかせる!と二郎が言うのを聞き、合理的すぎてクレバーすぎて鼻血が出そうになった。

ヨコハマはとてもかわいい。左馬刻は語彙力を強化すべき、と言う銃兎にオレサマが馬鹿だっていうのかとキレる左馬刻。そこに乗っかる理鶯。馬公ウサ公を叱りつけ、馬とウサギは大好物な食材だとスピーチ。これたぶんみんな好きなやつ

シンジュク。一二三はお客さんから電話の嵐、独歩は課長(ハゲ)からの嫌味メールに情緒が壊れている。

オオサカ、ここも良かった。特に天谷奴零の映画の下りが最高に良くて、そうそう天谷奴はこういうキャラでいてほしいんだわ!とにんまり。3人ともマイペースなゆるさがあってしみじみ良い…

ゴヤは爽やかな後日談が描かれた。敗北を悔しがる獄の元にやってきた十四は前向きにランニングを始めることにしたらしい。ついでに走らされる獄。天国獄の十代に混ざって同じレベルで活動している感じ本当に好き

シブヤは夢野幻太郎の快演が光る。ラジオよりヤバいものが聞けるとは思わなかった。頭のネジを全部外した幻太郎はギガントメガント必聴です。ゲロゲーロゲ

 

今回新たな謎として提示されたのは東方天乙統女の目的は何なのか?ということでした。えっ、武力の根絶と男性排除以外にもさらに目的があったの乙統女様?

ヒントも明かされている

・乙統女には理想とする世界がある

・今のままの真正ヒプノシスマイクでは意味が無い

・勘解由小路無花果は何も知らない

・邪答院仄仄は乙統女のやりたいことがなんとなくわかる
・しかし乙統女のやりたいことは退屈だから仄仄は邪魔したい

 

はてさて東方天乙統女は何をするつもりなんだろうか。神宮寺寂雷によると邪答院仄仄の立ち位置は「邪悪」なので、邪悪なる仄仄が邪魔したいということは、乙統女は真正ヒプノシスマイクを使って世界にとってわりと好ましいことをしようとしているのか?

まあしかし、乙統女のやることは世界の未来にとってはいいことかもしれないが人間にとっていいことかどうかはわからない。東方天乙統女は武力の廃止をうたって総理大臣にクーデターを起こしH歴を作り上げた革命家であるからして、もともと思想的にだいぶん過激な人物なのだから…

ところで今回、碧棺合歓が全く出てきませんでした。もしかしたら合歓って「中王区の企みを何もしらなかったキレイな党員」枠になって、中王区解体後の政治を担ったりするのかな

 

クローン飴村乱数たちの気の毒な最期も描かれた。寂雷によると、

・シブヤの乱数の行動には迷いがある、つまり意志がある

・乱数の偽物に意志はなかった

・だから乱数は人間だ

ということらしい。人間と人間以外を分けるのは意志の存在だという、この寂雷式考え方はわりと生命倫理的に深堀りしたら大変なことになりそうなのでそっとしておきたい。たぶんデカルト心身二元論とかド・ラ・メトリーの人間機械論につながるのだろう。

まあとりあえず、この世に残り3体のクローン飴村乱数の生命機能が全員停止したので、飴村乱数は名実ともに世界でただひとりの飴村乱数になったわけだ。量産品から唯一存在となり、彼はクローンではなくなった。だけど結局乱数が助かる方法はわからずじまいで、乱数が絶対助かるかどうかは優勝しても明言されなかったのもよく考えると怖い話である。

 

そしてリーダー6人は和解するのであった。左馬刻はドラマパートになると勘が異様に冴えた人物になるのが良いですね…一郎に歩みよって謝るところもほっこりした。

左馬刻が簓を殴る

寂雷が乱数を平手打ち

勢いで一郎に殴られる空却

左馬刻が簓を殴る(2回目)

と、6人はとにかくどつきあう。簓が人が優しくしてたら調子に乗り腐ってと本音を言うシーンで爆笑してしまったし、良かったなぁと思う。いつも本音を隠して場の空気を読んでいた白膠木簓の本心をはじめて聴いたような気がして謎の感動があった。

あと好きなのは、生き残るためには日々の食生活を変えること…健康的な生活で身長も伸び年相応の性格になる…と寂雷が乱数に諭したシーン。24歳の成人男性が食生活を変えたからといって身長が伸びるのかというとこれは医学的に伸びないはずで、医師である寂雷ならそれをもちろん知っているはず。じゃあこのくだりは乱数に対する盛大な嫌味だったのかという解釈もできてしまったり。

 

Fling Posse Inc.

ドラマパートその2。シブヤの3人が賞金をどう使ったのかというお話。

つまり飴村乱数3500万

夢野幻太郎3500万

東方天帝統3000万→1億

の計1億7000万円でゴダイさんの繊維工場を買い取ったわけだ。

 

この話、

・もともと賞金で生地の開発をしたかった乱数

・ゴダイさんを援助したい帝統

のふたりは、実は賞金の使い道が本意のルートであるのだが、夢野幻太郎はもともとは賞金で貯金をしようと思っていたわけで、それを変更し会社を買い取った幻太郎はなかなか優しい人物のような気がする。

さて、シブヤは優勝してすごいものを手に入れた。彼ら3人は工場のオーナーになったのである。名前も来歴も何もかも秘密と嘘で彩られたフリングポッセに、工場という確固たる居場所と、オーナーという立場ができた。優勝したおかげで、根なし草である彼らの関係が法的に整備されたわけだ。そしてそれは何十年も未来へと続く最強の絆なのだ。

 

 

いろんなことがありすぎて大変なCDでした…リーダーたちは和解したし、ヒプノシスマイク第一部完といった趣だけどまだもう少し続きそうでもある。邪答院仄仄さんの演技むちゃくちゃ良かったですね…鈴を転がす声ってこういう声のことかなぁとドキドキしました。関係ないけど邪答院仄仄の始末書、名前とキスマークしか書いてなさそう。

 

ところでヒプマイのライブって「プレイグラウンド」と「バトルグラウンド」に分かれてるじゃないですか。そしてバトル期間は公式には「バトルシーズン」と呼称されていました。

じゃあそろそろ「下郎ども!興行のテコ入れのための新企画、シャッフルユニットだ!!」なんて「プレイシーズン」の始まりを無花果さんが告げたりするかも…なんて。

 

 

続き


Fling Posseの冒険と伝説(ヒプノシスマイク 2nd D.R.B 優勝に寄せて) - pyonkospicaの日記

【随時更新】ヒプマイARBの元ネタ・小ネタまとめ

 

ヒプ男ヒプ女のみなさん、みんな大好きヒプマイARB

ヒプノシスマイクのスマホゲーであるヒプマイARBでは、原案者さんじきじきに書き下ろされたイベントシナリオを月に2回も読むことができます。ある時は仮想空間でゲーム、ある時は入間銃兎と観音坂独歩の出会いの真相、ある時は闇鍋パーティー

ARBのシナリオを読むといわゆる「キャラクターの解像度が上がる」のだ。彩り豊かなヒプノシスライフのおともには欠かせない存在なので、とってもおすすめです。イベントを読むだけなら無課金でも大丈夫ですが、手間暇をかけたくないなら最初に数千円課金すれば楽勝。

 

さてそんなヒプマイARBスマホのゲームという小回りの利く媒体だからか、ヒプマイのメインであるドラマ&楽曲(年1回くらいで話が動く)よりもシナリオが軽く、ネタ成分が多く含まれています。古典のオマージュ、パロディ、引用etc。これがものすごく楽しくて毎回ニヤリとしてしまう。せっかくなので個人のわかる範囲で小ネタをまとめておこう!という話です。(ところでARBのシナリオにはメインシナリオとイベントシナリオがあるのですが、今回はイベントシナリオのみを対象にしています)

 

 

漫画ネタf:id:pyonkospica:20220308132352j:image

金貸しが地下帝国を築き地下労働者を集めているのはおそらく『カイジ』の帝愛オマージュ


f:id:pyonkospica:20220308132519j:image

「ウルトラスーパーデラックスギャンカス男」の元ネタは、『星のカービィ ウルトラスーパーデラックス』よりも藤子・F・不二雄の『ウルトラスーパーデラックスマン』かと思う。ウルトラスーパーデラックスギャンカス男(マン)と読んだならば、ばっちりつながるし


f:id:pyonkospica:20220308132848j:image

「ソースの味って男のコだよな」は『孤独のグルメ』のセリフ


f:id:pyonkospica:20220308132954j:image

これも『孤独のグルメ』より。「こういうのでいいんだよ、こういうので」


f:id:pyonkospica:20220308133053j:image

こちらは『特攻の拓』です。「不運(ハードラック)と踊(ダンス)っちまった」

 

小説ネタ

ARBは小説ネタ・文学ネタがむちゃくちゃ多い。たぶん読書好きな方がいちまい噛んでるのだと思う。


f:id:pyonkospica:20220308193716j:imagef:id:pyonkospica:20220308193835j:image

この二枚はセットで、どちらも山田三郎の作成したキャラクターの名前です。たぶん元ネタは「中禅寺秋彦」と「九十九十九」。どちらもメフィスト賞が生んだ探偵装置の名前。


f:id:pyonkospica:20220308194114j:image

ソードアート・オンライン』かな?


f:id:pyonkospica:20220308194147j:image

これは『ブギーポップは笑わない』で確定だろう


f:id:pyonkospica:20220308194253j:image

クトゥルー雛人形ほんと笑う。ラヴクラフトの神話体系『クトゥルーの呼び声』からの引用です。


f:id:pyonkospica:20220308194507j:image「北へ往く隧道抜けて六花~積もり積もって銀世界~」というイベントタイトル。
隧道=トンネル
六花=雪
なのでまんま「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。」の言い換えであり川端康成の『雪国』オマージュ。


f:id:pyonkospica:20220308194730j:image
サブタイトルの~誰が為に飴を練る~は、もちろんヘミングウェイ『誰が為に鐘は鳴る』のパロディ。


f:id:pyonkospica:20220411202620j:image

階段から転げ落ちたら入れ替わった人格が元に戻るのは山中恒の『おれがあいつであいつがおれで』です。『転校生』というタイトルで大林宣彦が映画化しましたね。

 

その他のネタf:id:pyonkospica:20220308200457j:image

物知りなフォロワー様が教えてくれたのですが、山田三郎が観音坂独歩にくれた今話題の小説『黝く落ちる空を見て、僕はただ悲しいふりをする』。これはおそらくBLANKEY JET CITYの楽曲『幸せの鐘が鳴り響き僕はただ悲しいふりをする』のオマージュ


f:id:pyonkospica:20220308201047j:image

天国テミス獄の「テミス」とはWikipediaによると

ギリシア神話の法・掟の女神である

とのことです。弁護士の天国獄にぴったり


f:id:pyonkospica:20220308201332j:image

「The Smashing Onions」にも元ネタがあった。

スマッシング・パンプキンズ(The Smashing Pumpkins)は、アメリカのロックバンド。

90年代のオルタナティヴ・ロックを代表するバンドの一つ

こちらもWikipediaより引用しました。


f:id:pyonkospica:20220402082811j:image

ここは「太陽にほえろ」の松田優作の名シーンのオマージュだと思います。

そういえば山田二郎三郎の『BB's City』は『Bad City』が明らかにベースにあるけど、『Bad City』は松田優作のドラマ「探偵物語」の主題歌でした。「東京に事務所を構え町の仲間と協力し依頼をこなす探偵」って設定も萬屋ヤマダっぽいです。山田家って松田優作がイメージにあるのかな…?


f:id:pyonkospica:20220505082941j:image

モンハンだー


f:id:pyonkospica:20220505083139j:image

夢野幻太郎がサイキックテニスで使った「二十八部衆」というのは仏教用語で、千手観音の眷属らしい。ということは二十八部衆を従える幻太郎は千手観音役なのかもしれない。千手観音は生きとし生けるものすべてを救いたい仏らしいので、幻太郎ってわりと慈悲の人だったりするのかも

 

 

山田兄弟の言い間違いまとめ
f:id:pyonkospica:20220308201716j:imagef:id:pyonkospica:20220308201724j:image

二郎と三郎は他人の名前にもう少し関心を持った方がいいのでは

 

謎のコンテストたちまとめ

その1 ネクタイのコンテスト

f:id:pyonkospica:20220308201914j:image

ネクタイの日、ネクタイ伊達男ナンバーワン!!!】

 

その2 雛人形のコンテスト
f:id:pyonkospica:20220308202036j:image

【ホワイトデーだよ雛祭り!!ネオ雛人形コンテスト】

 

その3 飴作りコンテスト
f:id:pyonkospica:20220308202157j:image

【ホワイトデー、飴ちゃんコンテスト】

 

理鶯のゲテモノ料理を食べた反応

注意

・虫を食べた人

・虫以外の動物を食べた人

がいる。また、

・理鶯が調理した料理

・理鶯が手渡した虫を鍋にして食べた人

がいるから反応は参考程度で


f:id:pyonkospica:20220308202323j:image

もっともなことを言う山田三郎


f:id:pyonkospica:20220308202352j:image

困る碧棺左馬刻


f:id:pyonkospica:20220308202438j:image

入間銃兎にとっては悪魔の宴


f:id:pyonkospica:20220308202542j:image

失神する夢野幻太郎


f:id:pyonkospica:20220308202506j:image

大喜びの有栖川帝統


f:id:pyonkospica:20220308202657j:image

神宮寺寂雷→禍々しい


f:id:pyonkospica:20220308202613j:image

伊弉冉一二三→グロい虫に引く


f:id:pyonkospica:20220308202819j:image

意外に高評価の観音坂独歩


f:id:pyonkospica:20220308202913j:image

波羅夷空却はゲテモノを食べられるタイプ(これは夢の中の話なので実際は不明)


f:id:pyonkospica:20220308203028j:imagef:id:pyonkospica:20220308203040j:image

サーベルタイガーには上機嫌な四十物十四、三葉虫の岩塩焼きには眉をひそめるのだった(これも夢の話)


f:id:pyonkospica:20220308203211j:image

虫を前に無言の天国獄

 

 

ファンシーファンキーキャンディ

天谷奴零か佐藤という人物に化けるんだけど、なぜ佐藤なのかというと

f:id:pyonkospica:20220310211946j:imagef:id:pyonkospica:20220310211954j:image

f:id:pyonkospica:20220310212002j:image

ホワイトデーにをつくる

→飴といえば砂糖

→砂糖だから佐藤

って連想ゲームの産物ぽい

 

 

くまなく探したらまだまだ面白い情報がある気がする。しっかり謎のタネが埋め込まれており、こういう宝探しというか元ネタ探しができるのもARBの魅力。今後も新しい小ネタがわかったら随時更新していきたい。すぐ忘れるので…

 

おまけ

【個人的に好きなイベントベスト3】

3位 デンジャラス・ペンション

オチのスピード感が最高に好き。

2位 Salty Valentine

純粋にとてもいい話。三郎、盧笙、十四という子どもと大人の生み出す優しい世界

1位 邂逅相遇

これ、漫画版『のび太と鉄人兵団』とほぼ同じ構成のオチなんですよね。エモの極みです

 

ヒプマイARBイベント「邂逅相遇~ヴィンテージの代償~」感想



ARBのイベントについて感想を書くのが久々になってしまった

 

 

というわけでヒプマイARBの新イベント「邂逅相遇~ヴィンテージの代償~」です。

どういう話なのかというと、天国獄の大切なヴィンテージTシャツを破いてしまった波羅夷空却がイベントバイトをしてお金を稼ぐというお話。すると偶然山田一郎も同じバイトに駆り出されており、なんとイベントの司会者は白膠木簓だった…というわけなのだ。

いつも思うんだけど、ヒプマイってディビジョンについての物語であるから各キャラクターの居住地がバラバラなのだ。だから彼らの顔合わせの理由が毎回難しそうである。だけど白膠木簓の芸能人設定って、どこにでも無理なく顔を出せるから非常に自然だし便利そうだなぁ。

 

 

天国獄のバンドT
f:id:pyonkospica:20220302091801j:imagef:id:pyonkospica:20220302091816j:imagef:id:pyonkospica:20220302091828j:image

天国獄は大学生時代は独り暮らしであるというのがコミカライズで判明しているので、実家住みのころというのは中学生とか高校生時代か。そんなころからコツコツバンドTを集めていた天国獄愛しすぎるだろう。The Smashing Onionsは何か元ネタがあるんだろうなぁ…知ってる方ぜひ教えて下さい

 

ネオ雛人形コンテスト
f:id:pyonkospica:20220302092348j:imagef:id:pyonkospica:20220302092356j:image

一郎・空却・簓が集まったのは「ホワイトデーだよ雛祭り!!ネオ雛人形コンテスト」というイベントです。自作雛人形のコンテストなんだけど、優勝がクトゥルー雛人形で大爆笑してしまった。そんな禍々しいものを雛人形にするな!!ヒプマイ(≒百瀬祐一郎さん?)がたまに見せるこういう文学センスほんとに大好き

 

三人官男
f:id:pyonkospica:20220302093122j:imagef:id:pyonkospica:20220302093137j:image

三人官女をそのまま三人官男にひっくり返すというの、むちゃくちゃヒプマイぽいなーという感じ。そういやヒプノシスマイク、初期は性別をテーマにしたストーリーで出てきた面もあるからか、当初はけっこうフェミニズム的な議論のタネになっていたな…というのを思いだした

 

山田一郎の先輩の会社
f:id:pyonkospica:20220302094238j:imagef:id:pyonkospica:20220302094333j:imagef:id:pyonkospica:20220302094359j:image

どうでもいいけれど、山田一郎の先輩が働くイベント会社

・本番が明日明後日の段階でスタッフ不足が判明する

・ナゴヤまで来てもらった一郎の宿の手配を手違いでミスる

・イベントの目玉役の演者に手違いで間違ったスケジュールを伝えた(そして来なかった)

って、だいぶ呪われてるからどうにかしたほうがいいと思う。

 

波羅夷灼空最強伝説
f:id:pyonkospica:20220302094928j:imagef:id:pyonkospica:20220302094940j:image

ここ完全に『らんま1/2』でほっこり

 

あじゃぱー
f:id:pyonkospica:20220302095122j:image

あじゃぱーとは何か。伴淳三郎さんという役者さんが1951年に発したセリフで、当時の流行ギャグになったとか。そういやエヴァ真希波・マリ・イラストリアスも言ってたなぁ。簓の古典リスペクトを感じる一幕

 

一郎・簓・空却
f:id:pyonkospica:20220302095555j:imagef:id:pyonkospica:20220302095612j:imagef:id:pyonkospica:20220302095625j:image

ひったくりを撃退してのひとこと。ここすごく3人の性格が出てるなーと思って興味深かった。

主観ベースで判断の早い一郎

未来のことを考える空却

まわりのことを考える簓

って感じ。特に簓はこっそり親の顔色をうかがいながら生きてきた、アダルトチルドレンな生い立ちを知ってるだけになんか切なくなってしまったよ。

白膠木簓のアダルトチルドレンぽさってこっちの深読みしすぎかなー、考えすぎかなーと思ってたんだけど、少年マガジンエッジで鴉月ルイさんの描くコミカライズの最新話、track11で

……ああ

こんな緊迫した状態やと悪い癖が……

と、“場の緊張が高まるのが苦手で、ギャグを言って雰囲気を緩和させたくなる”という描写があったので、やっぱりそういう傾向があると解釈していいんだと思う。f:id:pyonkospica:20220302193324j:image

空却と父が取っ組み合ってる姿を見て、仲良くていいと感想を言う簓…

なんというか簓には幸せになってほしい。

 

 


f:id:pyonkospica:20220302101115j:image

さて、イベントも無事終わり、じゃあ天国獄のTシャツはどうなったんだということです。ここ数年市場に出てこない、20万円する貴重なヴィンテージを波羅夷空却は無事に弁償できたのでしょうか?

 

 

この物語、オチが漫画版『大長編ドラえもん のび太と鉄人兵団』のラストシーンとほぼ一致している、とだけ書いておきます。つまりもんのすごくエモで涙出てくる。ARB史上1、2を争う綺麗なお話だったのではないだろうか。

 

なんだか懐かしくなり指が自然にアマゾンのサイトを滑っていく。

 

そして

f:id:pyonkospica:20220302102723j:image

こうなる。

波羅夷空却が天国獄のヴィンテージTシャツを破いたら我が家に大長編ドラえもんが揃ったのであった。

 

 

『Double Trouble』と『タイガー&ドラゴン』

 

 

・左馬刻と簓の楽曲『Double Trouble』

クレイジーケンバンドの楽曲『タイガー&ドラゴン』
・ドラマ『タイガー&ドラゴン』

について勝手に思っていることを一度まとめておきたい。

 

まず『Double Trouble』です。これはコミカライズの特典曲でした。

 

歌うのは碧棺左馬刻と白膠木簓。目を引くのはその歌詞で、

俺の話を聞け 5分と言わずAll day

という部分、これはクレイジーケンバンドの楽曲『タイガー&ドラゴン』の

俺の話を聞け 5分だけでもいい

という部分があきらかに元ネタだろうと思われます。そういえば曲調も、ジャジーなピアノが効いておりとても似ている。

 

さて、曲の元ネタが『タイガー&ドラゴン』ならば、タイガーとドラゴンとは何なのか。誰かがタイガーで誰かがドラゴンなのか?じゃあ左馬刻と簓のどちらかがタイガーで、どちらかがドラゴンなのか?…というのが次に気になるところ。

しかし、この楽曲『タイガー&ドラゴン』は宮藤官九郎のドラマ『タイガー&ドラゴン』の主題歌らしい。

ということはドラマを見通さないとこの問いに答えは出ない。

というわけでドラマ『タイガー&ドラゴン』を視聴することになる。宮藤官九郎脚本は約束されたクオリティで、16年前、2005年のドラマだという年月はそんなに感じませんでした。

 

タイガーは劇中では虎児という名です。虎児は12歳の時に両親が一気に亡くなり、そこから笑うことを一切忘れました。そんな虎児がある時に落語を観て笑いを取り戻し、ヤクザからだんだん落語家になっていく。(長瀬智也さんが演じました)

一方のドラゴンは竜二。竜二は落語家の家に生まれ将来を嘱望された天才的落語家だったんだけど、今は落語家をやめてしまい、まったく別の仕事をしている。少し情けなく、虎児に比べると普通の青年。(岡田准一さんの役でした)

 

うーん、ヤクザなタイガーは左馬刻でいいんだろう。だけどドラゴンが簓かというとなんか違うのだ。簓の育ちやカリスマ性とメンタリティは竜二というより虎児の側に思えてならない。
…というか、左馬刻も簓も機能不全家族の元で育った傷ついた子どもなので、よく考えたらこの二人はもともとちょっと似ている。

ひょっとしたら左馬刻と簓は

『Double Trouble』で

「ダブル」「トラ」ブルだから

タイガー&タイガーなのかもしれない。

ちょうど簓はMC「トラ」ジックコメディでもあるし…などともやもや考えたり。

じゃあドラゴンはどこにいった?と思いながらドラマを観ていたら、竜二の過去が明らかになるにつれてドラゴンの輪郭が明らかになってくる。
竜二が落語家をやめたのは、板の上でおきた、ある辛い出来事がきっかけだったのだ。竜二は舞台で失敗をした。出てこないネタ、もつれる言葉、冷たい客席、静まり返る空間…

 

ああ、これと同じ景色を我々ヒプ男ヒプ女は見たことがある。躑躅森盧笙だ。

(比較的)幸せな家庭で育ち、「笑い」を楽しんでいたけれど途中で舞台をあきらめた竜二と盧笙。二人の姿がぼんやり重なって見える。
なるほど、左馬刻と簓と盧笙でタイガー&ドラゴンなのかもしれないなぁ。ためしに竜二を“天才芸人”と“挫折した元芸人”に分割して別々の人物にしたならばそのまま簓と盧笙のキャラクターの元ネタ要素になりそう。というか、左馬刻の暴力性とコメディアン適性はわりとガチで長瀬智也演じる虎児が元ネタの1人のような気がする。

ヒプノシスマイク、メフィスト系小説だけでなくいろんな作品が意識的にか無意識的にかわからないけれどサンプリングされていて、それが複雑な味わいになって面白い。最近元ネタ探しにはまっている。

しかし、ヒプマイを追ったおかげでドラマ『タイガー&ドラゴン』だとか西尾維新佐藤友哉みたいな「存在は知っていたけど触れたことはなかった作品」を摂取するきっかけができてとてもありがたい…


もしかすると山田兄弟の名前の由来って舞城王太郎なのではという話 - pyonkospicaの日記


サリンジャーから『メフィスト』へ、そして『ヒプノシスマイク』へ - pyonkospicaの日記

 

 

 

ところで『タイガー&ドラゴン』の物語のラスト、竜二は決意し再び落語家として板の上に上がることとなるんだよね。白膠木簓と躑躅森盧笙がどついたれ本舗として再びマイクを手に取ったようにさ。

 

ヒプマイのまめころりんを買ったのでレビュー&サンリオコラボ感想

 

 

ヒプノシスマイク SANRIO NAKAYOKU EDIT まめころりん』が届きましたやったー

 

予約したのが2021年8月、発売が2022年1月。実は普通に店頭で買った方が予約配送より数日早く手に入ったらしくて震えた

サイズ感比較。一番手前がまめころりん

まめだけにとってもちっちゃい
f:id:pyonkospica:20220205112544j:image



f:id:pyonkospica:20220205115455j:image

握りしめたくなる


f:id:pyonkospica:20220203210844j:image

日によって濃淡あるけれど箱推しなので全種買いです(1つ858円、全員で15444円なので一瞬迷った)

むちゃくちゃかわいい…

 


f:id:pyonkospica:20220203213801j:imagef:id:pyonkospica:20220203213818j:image

後ろからみると尻尾だらけでどうぶつ感がすごい。理鶯のペンギン感がかわいい

 


f:id:pyonkospica:20220205112929j:image

イケブクロ

二郎のブルゾンやチェックのシャツがパステルカラーな水色で珍しく、きゅんとする

 


f:id:pyonkospica:20220205113105j:image

ヨコハマ

左馬刻様と銃兎がモノクロームにピンクの差し色でおしゃれ。理鶯のほっぺたもピンクでかわいい

 


f:id:pyonkospica:20220205113231j:image

シブヤ

写真がへたで申し訳ないが実物は乱数がゆめかわでものすごくかわいい

 


f:id:pyonkospica:20220205113352j:image

シンジュク

シンジュクは全員淡い色合いが統一感あって最高!ひふみと独歩の足に同じ布を使っているからシンメトリーな感じになりたまらん

 


f:id:pyonkospica:20220205113630j:image

オオサカ

簓のサル感が楽しい。天谷奴零の虎柄パンツかわいい

 


f:id:pyonkospica:20220205113805j:image

ゴヤ

空却のやんちゃな表情いいよね。十四くんが装飾過剰でにぎやかかわいい。たぶん天国獄さんの両親は、息子がリーゼントにした時点でアッとなり、医学部に行かなくなった時点でウッとなり、弁護士になった時点でおおっとなり、未成年とチーム組んだ時点で親御さんと食事会を開き、サンリオコラボで猫耳になった35歳の息子にどう声をかけるか悩んだりして情緒が大変そうである

 


f:id:pyonkospica:20220205114252j:image

足がヒレの人々は人外感がマシマシでどきどきする。ケロケロけろっぴ有栖川帝統のしましまピンクズボンと鮮やかな緑色コートの取り合わせいいな

 


f:id:pyonkospica:20220205164633j:image

肉球があるのは二郎と十四くんと乱数。

凝ってますねぇ

 


f:id:pyonkospica:20220205114518j:image

一人だけ裸足の人類がいて、それは天谷奴零。さらに一人だけ履物をはいてるのは夢野幻太郎。天谷奴と幻太郎って、この組み合わせ謎の強キャラ感あって面白い

 


f:id:pyonkospica:20220205115636j:image

贈答用詰め合わせ

 

まめころりんはチェーンがついているからキーホルダーにできる仕様ですがもったいなくて実用できなさそう…もし自分が中学生だったらこっそり見えないように登校カバンにつけていっただろうな。

ふだん言うほどグッズは買わないんだけど今回のサンリオコラボは刺さりすぎていろいろ買ってしまった

f:id:pyonkospica:20220205120956j:image

メタルキーホルダー好きすぎて箱買いf:id:pyonkospica:20220205121034j:image

自転車の鍵につける。猫耳天国獄はまめころりんより平面のほうが好きかも


f:id:pyonkospica:20220205121220j:image

f:id:pyonkospica:20220205121308j:imagef:id:pyonkospica:20220205121323j:image

ワイヤーキーホルダーは実物がキレイで衝動買い(また猫耳天国獄グッズ買ってる…)

 

2000円買ったら1枚もらえるカードが少なくとも13枚存在していたけど部屋をくまなく探せばもっとある気がする

f:id:pyonkospica:20220205124241j:image


f:id:pyonkospica:20220205124318j:image

山田一郎(2) 山田三郎

碧棺左馬刻 入間銃兎

飴村乱数 有栖川帝統

神宮寺寂雷 伊弉冉一二三

白膠木簓

四十物十四 天国獄(2)

被りのあるまばらな揃い具合に、凡人の人生とはこんなものだという教えを勝手に読み取る。あらゆるものに意味を求める性分は自分でもどうかと思う

 

 

サンリオコラボグッズはヒプマイがコラボしたいろいろなグッズの中で最高峰の可愛さと細やかさじゃないかしら。すごく丁寧に18人を自社キャラにあてはめて描いていて、さすがキティちゃんの本丸だと感じました。キキララが一番好きなので今回いなかったのが残念…

最近はヒップスターというファンクラブがいろいろグッズを出していて、それもクールなデザインで素敵です。個人的には仕事中に使えるグッズがほしいのでいつかシンプルなボールペンを出してほしい

ところで天谷奴零はゴロピカドンとのコラボなので18人中唯一の人間型なんでした。どうぶつだらけの中に思わせぶりな異物感があって妄想が膨らみますね…